スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) | -- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
まさか、こんなに降るとは思いませんでしたよ。

  

先日(土曜)の雪もここら辺じゃ相当のモンでしたけど、今回は近年希に見るって感じじゃないでしょうか?

朝7時頃は積もってなかったんですが、あれよあれよという間に辺りは銀世界。
とりあえず会社へ行こうと車を走らせたのはいいんですが、道は真っ白大渋滞!1㌔も行かないうちに断念。
こんな雪で車走らせてる人って、チェーン?スタッドレス?
どっちでもイイですけど、雪道をチェーン履いてスキーに行く時なんかは、こんな渋滞にはならないですよねー。ノーマルタイヤ,ノーチェーンの人が立ち往生しちゃって大渋滞を巻き起こしているとしかかんがえられませんよ!
でも私もスタッドレスでもないし、チェーンも持ってない....

そんな私、今日は...

  電車通勤♪

なんて久々の電車でしょうか。なんだかとても新鮮。
満員電車の中は退屈しませんねー。いろんな人がいろんな会話してる。
まぁ、今日はもっぱら雪の話題でしたが...

しかし、そんな楽しい電車もつかの間、
電車降りたら、またまた厳しい吹雪が待っていた。
マクドナルドで100円で買ったホットコーヒーを片手に、ジャケットのフードをかぶり、雪やら鼻水やらわからない汁を顔中に、約10分の道のりを会社へ向かいました。


いや~、ホントに雪国の人はエライですよね。
これ位の雪なんか日常茶飯事なんでしょうね。


あしたも寒いらしいです。また電車かな~...


-------------------------------------------------
追伸:12月23日

今日は朝、迷ったあげく車で通勤することにした。
神戸のツンドラ地帯(会社のある神戸市北区)まで到達するには峠越えを最低でも1回はしないといけないんですね。

で、一か八か通ってみた景色がコレ↓
ツンドラ地帯

なかなかキレイな景色ですよねー。 (走ってるときはドキドキですが...)

と、いうわけで残念ながら電車通勤ではありませんでした。
スポンサーサイト
2005 / 12 / 22 ( Thu ) | 20 : 20 : 37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
省エネって...
昨日今日と、神戸ハーバーランドにて「省エネ住宅フェア」がありました。

  会場の様子

このイベントは「兵庫県地球温暖化防止活動推進センター」ってところが主催するイベントです。地球温暖化防止って言葉どおり、エネルギー消費を抑えた住宅をつくってCO2を削減しよう!って感じですか?

イベントに協賛する企業や団体が20。うちの会社はそのうちの1企業。そして1団体に属します。主にソーラーサーキット工法の家を建てる工務店としての出店です。

会場は各企業の出店ブースがあり、そこで省エネ住宅に関する自由なディスプレイをしている。自分たちの会社のブースだけでなく、ほかのブースにも見に行ったり質問したりしてなかな勉強になる2日間でした。

  省エネ住宅の説明に熱弁を奮っているM主任


そもそも省エネ住宅ってなんぞや?
って思ってる方もいると思うのでチョット説明。

省エネってエネルギーを省くって書きますけど、エネルギーを省いちゃう訳ではなくて、エネルギーをあんまり使わないってこと。(知ってますーって声が聞こえそう)
省エネ住宅とは、エネルギーをあんまり使わなくていい住宅の事ですね。
わかりやすく言うと、チョコっと暖めてやると、ずーっと暖かかったり、冷房がよく効いたりする家。冷暖房費節約住宅?でしょうか。
工法的に言うと、我々は高気密高断熱住宅なんて呼んだりしてます。



今回は12月のイベント開催ってことで、実はこのような高断熱高気密住宅を語るのにはピッタリの季節。
しかし、会場は昨日からの寒波と雪で寒~い!お客さんへの説明にも実感がこもってるんだか、効果半減なのか....わけわかりまへん。
さらに会場地下1階からのでかーいガラス張りの吹き抜け状態の場所。寒さが強調される造りだ。
暖房は床から吹き上げてくる温風の暖房。床の丸いマンホールみたいなトコから吹き出してくる。まさにマリリンモンロー状態。

   Woooooo!

これがかなりのパワーである。
でもエネルギー使ってそうなわりにはぜ~んぜん暖かくないんですよ。


  こんな場所こそ冷暖房の効果について叫ぶべきである! 

我々が寒いちゅうねん....
2005 / 12 / 18 ( Sun ) | 21 : 01 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もう少しお待ちください!
ただ今、Seesaaブログからの引っ越し作業中です。

コンテンツはとりあえず2005年11月のモノからこちらへ転載します。
これまで、コメントやTB下さった方、ありがとうございました。
Seesaa閉鎖すればそのコメント等も消えて無くなってしまいます。
私もとても残念です。


こちらのブログ立ち上げは

 2006年元旦

を、予定しています。

新しい年を迎えても、PaPa FRESHⅡをよろしくお願いします。

2005 / 12 / 17 ( Sat ) | 19 : 49 : 31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
神戸ルミナリエ(復興の灯火)
昨日から「神戸ルミナリエ」始まってます。

神戸ルミナリエとは、
「神戸ルミナリエ」はイタリアのアートディレクター、ヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサー、今岡寛和氏による“光の彫刻作品”です。
「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。
(神戸ルミナリエ公式HPより)

と、言うことです。皆さん知ってますよね。


一年経つのは早いモノで、我々神戸住民は
「あ~、もうルミナリエの季節か~」と思ってみたり、思わなかったり...
どうやら、私は思う方みたいです。

震災の年は私もまだ結婚もしてない時。今のカミさんとはまだ彼氏彼女の関係でした。
そのころは既に住宅関係の仕事してまして、住宅の震災復旧工事がめちゃくちゃ忙しかった事を今でも忘れません。そんな頃ルミナリエが始まりました。
当時のルミナリエは今ほど人も多くなくて、消灯の時間帯には人もまばら。
自動車の規制もほとんどありませんでした。よく仕事帰りのカミさんとブラブラとルミナリエ見てたりしてました。

しかし今は!

ものすごい人、人、人。ロマンチックとかそーゆー世界じゃ無いです。
わざわざ人にもまれに行くようなモンですよ。

でも去年はどうしても子供連れて行きたくて行きました。
しかも最終日12月25日クリスマスの日
家族4人でルミナリエ見てから、会社に戻って
会社の宿泊体験モデルハウスでかる~くクリスマスの夜を楽しませてもらいました。



で、先日、うちの子供達が
「おと~さ~ん、今年もあのキレイなおうちに行きたいよ~」
というではありませんか!

w(°0°)w オォー
「よっしゃ、今年もルミナリエ見てから、あのおうち行こうな!」

と、言うことで、今月の25日に自分の会社のモデルハウスの宿泊予約入れさせていただきました。

2005riminarie-s.JPG

今さっき、ルミナリエのHP見ました。

今年の開催期間。
「12月9日より12月22日」 


あら、終わっちゃってますよ、

詰めの甘いオヤジでした...(終)


-------------------------------------
トラックバック先の「名前の無い日記」さんのところでキレイな写真見つけました。
勝手に載せてますが....w
747b5f83.jpg
2005 / 12 / 10 ( Sat ) | 20 : 55 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
キーワードは耐震
今、私の中では「耐震」がキーワード。

この頃世間を騒がしているニュースご存じですよね?
千葉県の一級建築士による構造計算書偽造の事件です。
建物は建築する前に、耐震性に問題がないかどうかの検討を必ずしなくてはいけません。その検討ってのは設計者が行います。それを行政機関がチェックし、承認後着工となるわけです。
この事件は、この内容の全てに「ウソ」があったことになる。
計算書のウソ。チェックのウソ。計算書を偽造する方も悪いがチェックを怠った方も悪い。

なにも知らずに生活している人たち....


私が現在担当している物件に、耐震リフォームを考えているお客様がいます。
築40年ほどの木造住宅で、見るからに地震で倒壊しそうな建物。
住んでいる方もなんとなく危険なのはわかっていたようで、当社に耐震診断を申し込んでこられました。
結果は残念ながら完全アウト。地震による倒壊の危険有りです。
診断をしてくださった建築家のY先生は、お客様にありのままの姿をキチンとすべて説明しました。
その結果、莫大な費用のかかる耐震リフォームを決心されたのです。


千葉県の一件と私の担当する一件では似てるようで実は全然意味が違う。


知っているのと知らないのとでは大違い。



もう一つの耐震。

実は私のカミさんの職場のとなりにできた施設。

「実大三次元震動破壊実験施設 E-Defense」 (イーディフェンス)

なにやらごっつい名前ですな~。
簡単に言うと「地震の実験室」です。
実験室って言ってもその規模は実物大!TVのニュースでも大きく取り上げられてましたね。
先日の公開実験では木造2階建ての住宅、耐震リフォーム前とリフォーム後の二つをならべて行っています。
実験当日は住宅メーカーの関係者が多く見に来られていたそうです。



で、先日家でTV見てたらそのイーディフェンスでの実験の模様がニュースでやってた。
「お~!」「家が倒壊した~!」
私自身は建築業界の人間ですから、興味津々でそのニュースを見てました。
するとカミさんが、
「あー、これ、うちの職場のとなりやん、
  見学の招待状もらったけど、興味無いから行かなかったわ」

「えーーーー!言ってくれたら見に行くのにー!」
もったいない....こんな実験見れる機会なんて滅多に無いのに....。


まぁ、世間の関心なんてそんなもんかいな。
構造計算書偽造事件だって、今はワイドショーの話題ですもんね。
アノ人の髪型がどーのとか、誰が黒幕なんだ?とかそんなレベルですよ。


ホント、困った世の中です。

我々が誠意を持って真面目にやらんとアカンのです。
2005 / 12 / 04 ( Sun ) | 18 : 09 : 22 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
結局のところ
昨日今日はずっと事務所で仕事でした。
住宅の営業職は土日が仕事のメインです。
その土日をターゲットに資料集めや提案書づくりなどやってるわけです。

今日はあるお客様用のプラン図面と提案書作成。

営業がプラン図面まで描くのか?と言われそうですが、これが私のスタイル。
実際にお客様と話をして、要望を聞いてくる。
単に要望だけだったら、紙に書けばいいのですが、その人本人から伝わってくる雰囲気とかこちらの話に対する反応など、言葉や文章にできないところをプランに再現しなきゃならない。


明日と明後日は会社のモデルハウス完成一周年イベントがある。

そこで8人の建築家写真展をする。

単に建築家の写真を展示するだけでしたら、本でも見ればいい。
でも、実際に設計してくれる本人と話ができればもっといいですよね。
イベントでは実際の建築家の先生が何人かお見えになります。
本気で家づくりしたい人が何人来場してくれるかわかりませんが、家をつくる側とつくってもらう側とのコミュニケーションの場所になります。

ちょっと宣伝臭くなりましたが、要はコミュニケーションが大事って事かな。

それは、私ももっと気を付けなきゃいけない事。
お客様、設計担当、工事担当、コミュニケーションきっちりとって、いい物作りたいですね。
2005 / 12 / 02 ( Fri ) | 19 : 28 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。